admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■仏:Dijonのマスタードでフルコース■



夕食用に買ったもの達


出来上がり♪

ちょっと疲れが溜まっていたので、夕食は自作フレンチ作りました。
時間にして1時間。
追記のレシピ読んでも見た目よりたいしたことないです^^;

美食家たるもの、自分でなんでも作らないといけません。
(安上がりで美味しいものを食べたいだけとも言う。笑)

少なくとも、料理に使うソース位は全部自分でアレンジして適当に作ってしまいましょう。
(市販のものはタレが多くソースとまでいかないから・・)

フランスに最近行ったので 買ってきたマスタードを全部使うためともいいますが・・・
デイジョン地方で買ってきた3種類。
カシス入り、ハーブ入り、プロヴァンスハーブ入りを全ての料理に使います。
レシピは何もないので思いつきでぱぱっと買ってきたものでアレンジして作ったものなので
覚えている限り書いていきます^^;

買ったもの
パーナ貝
フォアグラのパテ
ハーブ入りソーセージ
合鴨
全粉粒ラスク
クリームチーズ
ワイン2種類
カクテル用100%ジュース3種
調味料はあるもので適当にアレンジして作っていきます。

全部使い切ります^^;
それでは追記に恐るべし「勘頼り」レシピを。
基本的に 自分で勝手にフレンチと決めてつくっていますが
地中海のような?感じも・・
ハーブ入りのマスタードに舌平目をあわせようとおもったら近くの店に無かったので
パーナ貝でいいかなと。ちょっとした冒険ですね。
レシピ見て作るのもいいですが、料理は+αでアレンジするのが醍醐味。

1・合鴨のハチミツ焼き


上の画像の左側にあるのが、これ。
これは本来ならナマの鴨がいいのですが、時間がかかるので冷凍を解凍し、お手軽に・・・

・対流式オーブンなら一番良いのですが、無ければ魚焼き器でもまあまあ良いでしょう。

・合鴨の皮をまず上にして焼きます。

・次に、ちょっとパリッとなった皮の上にはちみつ(市販)をたっぷり掛け、更に焼き上げます。
焼くのは上のみで構いません。
弱火で10分程度。

・皮が焼けたら、包丁でちょっと切り込みを入れましょう。更にハチミツをたっぷりで、皮を上のまま更に弱火で10分。

冷凍の合鴨なので、火が通っています。
あたためる位の気持ちでいいのかも。


・時間があれば赤ワインでソースも作りましょう。
赤ワイン少々+バター少々+お好きな出汁(鴨なので、時間が無ければコンソメあたりで妥当かも)
とろみをほんの少し付ければ出来上がりです。
市販の冷凍の合鴨は、初めから味が付いているのでソース無しでも十分です。


これに マスタード:プロヴァンスハーブとクリームチーズを乗せて頂きます。

マスタード・チーズ無しでも十分ですが今回のコンセプトが「Dijonのマスタード制覇」なので・・


2.パーナ貝蒸し


画像の右側、中くらいの貝たちがこれ。
白ワインで蒸す予定でしたが、あまりにも味が想像できて普通すぎたのでアレンジしました。


調味料


杏露酒 おおさじ2、コンソメ1(他のでも可)、ハーブ好きなくらい。
お酒、変わったの入れてますが先日飲んだものの余りなので・・
味が想像できたのでこれも入れてしまいました。
プチ冒険。
結果的は上々、白ワインとはまた違う感じで^^ 

これに マスタード:おなじくプロヴァンスで頂きます。さっぱりして後味すっきり。


3.ハーブ入りソーセージ+カシス入りマスタード


これは美味!コクが口の中で広がって、ソーセージが絶品になりますね。
ボイルしただけですが、食べたものということで・・


4.ラスク+フォアグラのパテ+クリームチーズ or ラスク+クリームチーズ+マスタード各種


手前のラスクにパテが乗ってます。(下地はクリームチーズ+マスタード)

これもすっごく美味しかったです。
パテというとお酒のおつまみって思われますが、フランスパンでもラスクでも相性◎ですよ。
本当はフォアグラそのもの(高すぎ)にしたかったものの、そこは我慢でパテならリンク先の通り、500円程度で買えますね。
パテってこれ以外にもアレンジ出来るので優れものです。
基本的にクリームチーズと相性良いので、パテ苦手な方でもこれでいけるかも。



5.たまごスープ


一口にたまごスープといいますが、パーナ貝の蒸した煮汁で作ったスープなので凄く美味。
パーナ貝の残った出汁、水以外加えてません。

たまごは、勿論半熟でふわっと最後に溶いて乗せていきます。当たり前ですが、美味しかった^^
スープの卵は半熟が一番。
パセリやハーブを散らして彩りよく。


6.ワイン La Grange Neure : De figeac : Saint-Emilion 1992 

3段になってラベルに書いてあるのを「:」で区切っていますが・・・。
1992年のワインは当たり年だそうで、オーナーと雑談しながらこれに決めました。
本当はボーヌロマネがあったので買おうと思ったけれど
それより、このワインは樽熟成で失敗しないから買ってみてといわれ 苦笑 



それにしても たまげた屋。
仙台にある見た目怪しい酒屋です。
色々探検すると色々なワインが出てきます。
もっともっとワインの知識があれば楽しい場所なんでしょうね。
そもそも一般的に5000円台で売っているワインが3000円ちょっとでなんでも買えます。
超高級品のマニア向けなんかは勿論高いのですが、それでも他で買うよりはずっと安いですね。
普通手に入らないものも、沢山置いてありますし。

ワインの気になる味。美味しかったですね、最高級に!とまでいかなくても、5000円くらいで売っているワインの味というか。表現が微妙ですが、実際そうでした^^;


自分で作った料理に自画自賛。ワインの金額も入れれば他で外食したら、この量なので10000円はくだらないと・・・?!

次の豊富。もっとソース作りを極めたいですね。
今でも市販のものは買わずに全部その場で作ってますが、本格的に作りたいなぁ・・・。

あと、近々 牡蠣が一ケース30個入りで1500円でゲットできるので
牡蠣フルコースを作ろうと思っています♪
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。