admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■二足の草鞋 地水庵■
(岩手:平泉)



一生に一度は食べてみてね!
今回の「粋」は「噛むほど深く香る蕎麦」です。
タイトルクリックで店の地図にリンクしてます。


※ Blog内評価基準について
蕎麦って緑色の麺をしているんだ・・
噛むほど味が引き立つ蕎麦ってあったのね。


そんな発見がここ、地水庵。


今まで蕎麦というと、そばつゆを付けていて
どこでも蕎麦を頼むと、おつゆに麺を浸して食べていたものだった。
地水庵に来て、蕎麦の食べ方が変わった。


本当に美味しい麺は、素朴に岩塩で頂くのが一番だという事。
おつゆは麺の質を落とすので、やらないのが無難という事。

天婦羅も、抹茶塩で頂くのが美味しいという事。などなど。


ここは日本の名店と呼ばれる蕎麦の雑誌には必ず載る店。
究極のこだわりを持って蕎麦をつくっているのです。(クリックで説明へ)
仙台から高速をつかって1.5時間。


お店の雰囲気全てパーフェクト。

「古民家っぽい」感じではないです。

一枚板を多用。本物ですね。
注文して30分位で出てくるかな?これは早いほうですね。
混む時間帯にわざわざ行くと1時間待ちとか・・・
昼過ぎ・昼ちょっと前あたりが理想。



これが有名な古典蕎麦


私が頼んだのは
限定10食の古典蕎麦(1000円)
天婦羅セット(800円位かな)


蕎麦は粗挽きなので、つぶつぶが見えますし噛むほどに味わえる感じ。
うすーい緑色の麺なんですよ。
半透明の麺に色々な粒がぎっしりです。
蕎麦の実は挽いてからすぐに劣化が始まる食材なので出来立てが味わえる店はなかなか無いですよ。
粋は古典蕎麦、岩塩で頂くのがお勧めです。(食べる際説明して貰えますが)
蕎麦の味が引き立ちますね・・・

それに天婦羅もなかなか。これも抹茶塩で頂くのがいいでしょう。
美味しい食材はシンプルに頂くのが一番です。
天つゆをつけると味が落ちてしまうので・・


箸置きも、近所の枝を切ってニスを塗ったセンスあるもの。
高級箸置きなんていうのも他店でありますがそれよりはずっとお洒落。
目の付け所が違います。
勿論、蕎麦が入っている器やお盆全てがこだわってます。


このお店は色々とセンスのあるものがあまりにも自然に配置されていて
ぼーっとしてるとそれに気付きにくいですが
そのさり気無さが究極のセンス。


あからさまに見栄えのあるオブジェを置くのも、良いと思うけれど・・
こういうバランスの取れたセンスある空間はそれ以上にいいですね。
柱時計の音もなかなか・・・
時間がゆったり過ぎる感じです。


ただでさえ 中尊寺の近くで山深い所。
別blogの美食カテゴリでUPしたのは去年ですが、当時雪が積もっていたので景色も抜群でした。
さり気無くできてセンスあり。ですよね。
食もそれを作る空間も。
一生お付き合いしていきたい蕎麦屋さんです。


open 11:30-夕暮れまで(品切れともいう)
定休日 火曜・水曜 祝日営業
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。