admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■江畔麗水■こうはんれいすい
(宮城:仙台)



画像はジャスミンティー。
今回の粋は「5感全てで感じるアート」です。
器の中、ジャスミンの花が段々開いて、芸術作品並み。感動します。
「本物の中国茶」を「5感」でご賞味あれ!

タイトルクリックでお店のHPにリンクしてます。


※ Blog内評価基準について
今回は、よく聞かれる「中国茶の本格的な淹れ方」についても書いていきますね。記事最後におまけ。


県立図書館へ向かうまっすぐな道路は、図書館へ行くとき必ず通る。
まっすぐで緑が沢山あってお気に入り。
いつもなら軽くアクセルを踏んで気分良くドライブ。


ところが・・・また、気になる看板を発見してしまった。
何?
「こうはんれいすい??左へ??」
赤い看板、ちょっとさびてる。
「まあ、いっか・・・気になるけど」


その日は天気がよく、
万が一ランチのお店選びを失敗したらお天気で青空の一日が最悪になりかねない。
という思いがありパスしてしまった。


翌週。
美食家の友人が言う。
「仙台に最高に本格的な中国茶飲める店あるんだって」
「街中かしら」
「泉らしいよ。看板あるからすぐ解るってさ」
「なんて名前?」
「忘れちゃったよ、変な名前だった気がする でも最高だってよ」
「じゃあ行こうか。私も気になるし」


車を走らせる。
・・・いつもの道。
・・・いつもの道??笑

「ほらそこだよ」

・・・やっぱり!!苦笑 例の気になる看板前。


店に到着。
周りがたんぼで、一応、広々とした緑の中??
趣味でつくったお店というイメージが強い。
といいますのも、隣が事務所の倉庫になっていて、隣に看板が。



お客さん自体、少ないのですが若い方~5,60代~??の方まで色々です。常連さんも居ます。
基本的に静かな場所柄、街中のようにわいわいという方は居ませんね。
オーナーつながりなのか、お茶に詳しい方が多く訪れます。
他のお客さんと雑談するのも、雑学アップで◎です^^


中に入って更にびっくり。
ここは、私が中国でお茶してきた本場そのもの。
思わずオーナーに聞いてしまう。


「これ、全部本物の螺鈿ですよね?特注品なのですか?」
「そうですよ、中国茶に凝ってしまって 笑」
「凄いですね・・全部おそろい。茶器だって本場とおなじですし」
「趣味なんですよ。趣味がこうじてね~」


なるほど・・・本当は自分だけ楽しむ離れみたいなつもりが
いつのまにか、皆に味わって貰いたいと趣味がこうじて出来た店だそう。
先の説明の通り 調度品は、全て漆(よくある赤茶系統の)。
それに貝殻の象嵌細工(貝を埋め込む技術です)。
一般的に「螺鈿-らでん-」といわれるもの。
しかも全て特注品。だそうで・・・


全部で「@千万」。兎に角贅沢のきわみです。
やはり趣味で作るお店だけあり、こだわりが違います。
豪華絢爛といえども、漆はぎらついた感じがしないため上品。
街中にも、中国茶とうたっている専門店ありますが、
味もインテリアも全てこちらほどではありません。
その位、オーナーの趣味とこだわりに徹しています。


私が頼んだものは、下記です。

・ジャスミンティー
・青茶:凍頂烏龍茶(香りづけしなくてもココナッツのような風味)
・ランチセット

ランチは点心のようなもので(HPで確認できます)1050円か1780円のもの2種類。
中身は殆ど同じですが
ちまきの具と点心の内容が若干異なります。


私的にちまきと点心がちょっと変わっても+780円は高いかな?って思いました・・・
780円くらい、多めに見るべきですか??^^;

というのもここのお茶だけで何十種類もあり単品で700円程度~。
そうなると、せっかく専門店に来たのだし
内容がさほど変わらないランチで高いの頼むより お茶を追加したほうが良いかなと。

ちなみに画像のお茶はジャスミンの葉と花。
これ、最初は丸く糸で縛ってあるんです。
そんなちっちゃな玉が何度も淹れるうちに花開き・・・。
器全体に綺麗に開花します^^なかなか

見応えありますよ。
中国茶はひとつの葉から何度も飲めるので、花が開花する様を楽しむことが出来るのです。

仙台でこれ程本格的な中国茶を飲めるとこは、ありません。
紅茶の葉っぱみたいなもので注いでくれるところは、ありますが
大抵、中国っぽい。
というだけで本物とは違います。

こういうドラマがないとね。ただ飲むだけなのに!

参りましたの一言!
粋は、中国本場で経験を積み、オーナーのこだわりを余すところなく詰め込んだところ。演出って大事ですよね。粋な店です。
兎に角一度行って見てください。



実際聞いてきた 中国茶の淹れかたをメモしておきます。
ここクリックで別頁にリンクしてあるので、保存可です。本にも違う方法はあると思いますが、オーナー直伝なので嘘偽り無しです。



・宮城県仙台市泉区実沢字無串河原11番10号
・022-378-9631
・11;30~19;00
・予算2500円~
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。