admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■すし哲■(宮城:塩釜 仙台)

すし哲

すし哲の特上にぎりは「薄味」さんにお勧め。
日本海の魚とはまた違う、三陸の味。

今回は「気付くと平らげている」粋。

タイトルクリックで店の情報にリンクしてます。
「えっここが美味しいの?」


4年前の出来事。
初めて来た時、そう思った。


「全国の食通が来るんだって、有名らしいよ」
「でも昼時に誰も並んでないよ。雑誌って当てにならないから・・」
「まあ食べてみよう折角来たんだし!」


のれんをくぐり、店内へ。
予想以上にお客さんが沢山。2階席もあるが1階は満席。


私「特上握り、2つ!」
主「あいよっ!」


忙しい店内。辛抱が必要・・


待つこと20分。見た目にも鮮やかな鮨が登場。
写真では解りにくいですが、普通の女性なら明らかに大きすぎる皿。
ところが意外。


すし哲の鮨は、どれも淡白。
三陸の魚は、とも言う。
日本海側のこってり、白身さえも個性的なお魚達に比べるとやや物足りないかも知れないけれど、これが三陸の味。

一言で言うと
「鮨=個性が強くまとまりにくいもの達」を「上品に上手くまとめ上げてる」。
淡白なまとまりなので、口に魚のしつこさが全く残らず食べやすい。
普通なら、魚ごとの脂の違いからこんなに一気に完食とはいかないのに?苦笑
気付くと一皿平らげている。


画像をみてもお分かりの通り、ウニ・トロ・あなご・・・
聞くだけでおなか一杯の脂が乗っている具が盛り沢山。
すし飯に乗っている具も大きめ。
ところが食べ終わったあとに「何か口直ししたいね」とならない一皿。


上品な鮨というのがあるなら、すし哲がそれかも知れない。
隣が市場なので材料は新鮮そのもの。
価格帯はやや高めですが一皿でここまでまとまりのある鮨はそう無いと思います。


日本海側の鮨も確かに美味。
(ちなみに私は個人的に日本海側が大好き)
ところが、おなじ具を日本海側で作ると魚各々の味が強すぎて、一口ごとにガリをつまんで味覚を正常に保てるようにしないといけないかな?
どちらも美味しいのに変わりはないけれど、向き不向きは何でもありますしね。


日本海側は一つ一つがこってりして、先に書いた通り白身さえも魚本来の味が強いです。
貝類は特に、回転寿司で食べるものでさえも驚きの味を提供してくれるのでそう思うのかも知れない。


そして蛇足。


すし哲に行って「特上握り」を頼んでも腹八分のあなた。
本日のお勧め品を幾つか頼んでみてください。
季節のもので特にお勧めが「さんまの酢のもの」
刺身さんまを薄くスライスし、もみじおろし、ごま油、三杯酢、みょうがで頂く。
調味料のあわせ具合は、三杯酢とごま油の好みで調整。
みょうがはたっぷりね。
これが美味!
自宅でも作れるので、興味のあるかたは是非。


驚きの鮨から早くも4年。
今まで塩釜にしかなかった「すし哲」がS-PAL地下にも出来ましたね。
デパ地下のすし哲はまだ訪れていませんが、手軽にいいものが食べれるなら嬉しい限り♪





スポンサーサイト




来週、日本に行くのですが、
わすれていたすしへの愛がふっかつしてしまう記事でした・・・。
【2005/10/26 15:01】 URL | Yuudai #U4OB0c.k[ 編集]
Yuudai様

実はいまそちらのHP拝見させていただいておりました。鮨はほかにもっともっと、紹介したい店があるんですよ!
料理に愛情をそそぐのが料理人なら、完食してあげるのが調理された食事への恩返しって感じです^^
【2005/10/26 15:07】 URL | creil #-[ 編集]
去年、松島方面へひとり旅をした時に、寄ってみたかったお店のひとつなんですよね。
体調不良に陥って断念しましたが(汗)
いつかリベンジしたいです。
【2005/10/27 00:32】 URL | りょう #n3C3tgxw[ 編集]
りょう様
是非リベンジ、して下さいね^^
一人旅をして、美味しい店をみつけ、一人で食事し、一人帰路に着く。これはなかなか、思い出になりますね。知らない人が見たら寂しい女と思うでしょうけど 笑
三陸の魚の味って、こういうまとまりかたするんだ~と素直に感心してしまうお鮨でしたよ。
【2005/10/27 01:09】 URL | creil #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。