admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Al ché-cciano■
アル・ケッチァーノ(アルケッチャーノ)
(山形:鶴岡)


20051031005716

素材が生きてる!
無農薬有機栽培、の領域を遥かに超えたイタリアン。
庄内平野の地物をふんだんに使った味は、自然の恵みいっぱい最高です。
今回の粋は「素材は生きてる」。
タイトルクリックでお店のHPにリンクしてます。

※Blog内評価基準と管理人の味覚について

知人から聞いていて、一度は行ってみようと思っていた。
変わった名前で覚えにくいのですが、最近何気なくネットサーフィンしていて目にした記事。
そして思い出した。


ここだ!と。


そして30日、昼食をするためだけに車で山形へ。
ただ昼食するのも何なのでドライブがてら、他のお土産品で良いもの探しに。

店は国道沿いでわかりやすい。
到着して12時前だというのに既に座席待ちだった^^;
30分待つ。


やっと店内に案内される。周りを見渡すと皆笑顔。
話すことといえば「美味しいと評判で一度来て見たかった・幸せだよね・美味しい!」とにかくあちこちから美味しいよね・・の会話が^^
左に見える黒板にチョークでお勧め・旬のものなど書いてあります。
ディナー専用に特別メニューもあり、コレといった決まったメニューがなく黒板に書いてあるもので注文するという面白さ。
決まったメニューがないのです。

かくいう私も早速お昼のコースを頼んでみる。

サラダ2品


葉っぱってこういう味してたんだ・・という素朴な感じだけれど、ケッパーズ(丸いつぶつぶ)が効いていて美味しい。
ここのサラダは素材を生かして、具材をあまり入れずに引き立てる特製ドレッシングで頂く感じ。

フグとカラスミ・ニンニクのパスタ


フグは柔らかくてきちんと味が出ていたし、他の素材とも相性良かったです。カラスミといってもしつこさが全く無いので口当たりさっぱり。
他にキノコのクリームパスタ頂きましたが、キノコってこんなに生きてるのね!という感動。
普通、クリームとべたべたになって死んでしまうキノコが多いような・・・

仔牛のステーキ・チーズと生ハム添え


これもケッパーズが効いているので余計な調味料を使わずあっさりめ。
といっても手抜きではなくきちんと素材の味も引き立っています。
香りのバランスはケッパーズで微妙な統一感があるので、コラボとまでいかなくても口に前の味が変に残らず水で口直しなど要らないくらい。
勿論、ケッパーズ主流とまで味に変化がないわけではなく、ほんのり花から抜ける香りがまとまってる感じ。

その位、素材の味が引き立っていて。

手前から順に、特製チーズのタルト・ごまとラムレーズンのアイス・マスカットのケーキ・パンナコッタ

最後のデザート。
あっさりしていて美味しいです。
ヤギのミルクもあったのですが、私はエスプレッソで締めました。
(これも美味しかった・・)
普通はこんなに小さくても種類があれば甘すぎるものもあるかな?と。
ところがこちらは全てあっさりしていて、素材の味も全て楽しめるようになっていました。


最後に良い思い出が一つ。
仔牛のステーキが美味しく、パン(これも出来立て)で最後の一滴まですくって食し「ごちそうさまでした」の意味を込めてフォークとナイフを食べ終わった皿に綺麗に並べたら、オーナーがお皿を片付ける時にそれをちょっと見て、目元が笑った。


いい笑顔だった。
控えめで小さな笑顔だったけれど、この通じ合う瞬間はこれからも大切にしたいなと思う。


ここもsavoiと同じように、素材や旬のもの、若しくはオーナーの好みで食材が変わってくるので 毎日行っても、今日何が出てくるかお楽しみという新鮮さが楽しい。
山形に行く機会があれば、その都度寄りたい店No1!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。