admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■PIZZERIA del SOL■デル・ソル(仙台:富谷)

デルソル


ピザの基本はマルゲリータ。薄い生地&具だけたっぷりのピザとはまるで違う。薪・窯・温度・インテリア。
オーナーの顔を見ただけでSAVOIを彷彿させられます(本当)!
今回の粋は「リクエストに応じない店」。
タイトルクリックで店のHPにリンクしてます。

※管理人の味覚と評価基準について
住宅街のとある一角。


決して目立つ店ではない。


何度か迷った末、店の扉を開けると奥正面にピザ窯が!ふわっといういい香り。


よく、石窯で焼いていますという店の売り文句を見かける。
でも石窯で焼けば全て絶品というわけでもない。
中には、オーブンで焼いたものより落ちることも・・・


その点「del SOL」は全てパーフェクトと言えるでしょう。
(スペイン語で太陽という意味)


・自家製石窯
・薪も自分で割りに行く
・オイル入れ等のさり気ない入れ物にも気を遣う(センス!)
・オーナーの人柄(ストイックでも優しい)
・焼き加減の微妙な生地は客に出さない(あとで何かに使うようで別に積んである^^;)
・基本のマルゲリータがきちんとしている
・ピザ以外のサイドメニューが全て美味しい



ここまで書くと十分お分かりかと思いますが、凄いのはまだまだ。


まずオーナーはHPにある通り、相当な凝り性でストイックなまでにピザを追及している方。
ストイックさにかけてはsavoiと同じ位です。


私が初めてdelSOLを訪れ、カウンターに座った時。
オーナーの無駄ない動きと熱い視線(私に向けてではない笑)が普通ではないと思った。
石窯の熱い温度がつたわるまでの至近距離のカウンター。
厨房が全部見える。
綺麗に並べられた食器・磨かれた調理器具・そして石窯。
繊細な店だなぁと・・・。


注文をする際、HPにありますが二つの種類を一つのピザに。
というメニューがあり、食いしん坊の私は他意無く好きな二つを頼んだ。
そしてオーナーが一言。


「この二つを組み合わせることは、出来ないんです。頼まれても出来ませんよ、何故ってチーズの溶け具合が違うので 出来上がり温度が微妙に違うんです。一つのプレートにはできないから、別々に頼んでください。」


これには驚いた。


メニューに「お好きな云々」と書いてるではないか!爆
仕方が無い・・・と思った私は「では、お勧めの2品でお願いします」と注文しこれもまた素晴らしく美味しいピザを頂いたのでした。


窯での焼きあがり温度が異なるからと、注文を断るオーナーは初めてだった。私としても2プレートは流石に食べきれないので、出来るだけ「そこをなんとか」と頼んだのですが 苦笑・・・


つまり、そのくらいピザの焼き上がり温度・生地・全てにこだわりを持っている方です!

街中のピザ屋さんで まあまあ美味しい店は沢山あります。
ですが、ここまでこだわっている店はまずないです。

そして更に、アツアツのピザを前に「凄い~」と歓声をあげていた私。
早く食べてね?と言われてしまいました。
「ピザはね、皆 具をたっぷり乗せて生地を薄くしごまかしているけれど、本物のピザっていうのは生地を美味しく食べるものなんだよ。まず冷めないうちに生地を食べてみて、違いが解るから。」と。勿論、笑顔で。

ニクイ!


そして雑誌に一度として載ったのを見た事がありません。
本当?
そう思う方はとにかく一度、行ってみると良いですよ。
わざわざ富谷まで足を運ぶ価値あり。
本物だ!と思うはず。
スポンサーサイト
テーマ:イタリア料理 - ジャンル:グルメ




わたしもデルソル大好きです。
私は富谷に住んでいるのですが、富谷で、近くて本当に良かった!と思った位。
私もブログを拝見してうんうん!と共感することばかり。
確かにストイックで優しい、ステキなオーナーですよね。
厨房が殆ど見えてる所とか、オイル入れとか、いろんな所が愛しいお店ですね。
2種類のピザの話、笑ってしまいました。良かったら何と何を頼んだのか教えて下さい。

Creilさんには全然叶いませんが私も食べる事大好きなのでここのブログもお気に入りになりそうです。
まだ全部読んでいませんが私もココのお店なかなか良いですよね~っていう共通店がたくさんあって嬉しかったです。
【2007/03/23 02:30】 URL | まろ #mQop/nM.[ 編集]
まろさん
お返事がだいぶ遅れてしまってごめんなさい!至らない管理人で。。。
更新が滞っていたもののまた再会するつもりです(苦笑

富谷はまだまだ穴場のお店がいっぱいありますよ。確か庭園ランチというか、ハーブがあるところで食せるお店も富谷だったかなと思います^^
たしかこのとき私が頼んだものは、チーズを合わせたものに、アンチョビの何か、、でした!
記憶が定かではありませんが(ごめんなさい!)オーナーの心いきは驚くことばかりですね?
【2007/05/15 07:31】 URL | Creil #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。