admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■甘味茶論 Wa-raku■ワラク(宮城:仙台)

wa-raku

オフィス街にある閑静な甘味処。
今回の粋は「立てて出される抹茶!ビル街で上品に」。タイトルクリックで店の地図にリンクしてます。

※管理人の評価基準・味覚
閑静なビル街。
細長く小さなビルまるごと用いた甘味処がある。
その名も甘味茶論 WA-raku。


恐らく、茶論=サロン(高級志向?)WA-rakuが和楽。だと思うのですが・・
ここで本物の抹茶を頂けます。
大きな器に、きちんと立てて淹れてくれる抹茶です。
しかも、飲むとき2回まわすといった事は必要なし。笑
使う茶器も皇室御用達・茶葉も一級品とのこと。
さて、お値段が気になるところですが・・・


早速、店に入ってみる。
内装は何処をみても、もてなしの気持ちがわかるくらい丁寧。
こざっぱりした店内で、ちらほらと展示してある茶器も作家さんのもの。
センスを感じられる店内です。


ですが、お品書きは良心的。抹茶1杯からぜんざい1つ~セットまでバリエーション豊か。
セット以外ならお値段、井ヶ田と変わりありません^^;
単品700円~セット1500円・2500・~。


そういうわけで頼んだもの。
季節もので、紫芋・ぜんざい・抹茶のセットがあり注文してみました^^
紫芋も産地にこだわり、甘さ控えめで上品な味。
気付けばここ、オフィス街なのですよね・・・。
そういう時間のゆったりとした流れを楽しめる甘味処です♪
器もお洒落で綺麗なものばかり。
きちんとした茶器で抹茶を頂くのがまた、ほっとする瞬間でも・・。


オフィス街で
立てた抹茶と美味しいぜんざいをセンスの有る空間で頂く。
この組み合わせはなかなか無いと思います。
街中で、ちょっとした場所で立てた抹茶を頂ける場所がありますが
ここまでのんびりは出来ません。


美味しいね~と言っているうちに
自分がビル街に居るという事を忘れるのどかさ。
客層も静かな方が多いので、余計にそう感じるのかも?
師走の時期。
ちょっと一息現実逃避したい方は、是非!
スポンサーサイト
テーマ:デザート - ジャンル:グルメ


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 美食徒然● Creil の 「最後の晩餐」 ●, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。